ハーブの歴史

Closed

ハーブは、ドラッグのなかでもナチュラルドラッグにグリーピングされるドラッグだ。歴史といっても、合法ハーブが登場したのはさほど古い話ではなく、大体インターネットの普及にともなって種類などが増えていったのだと考えてもらえれば良いだろう。

ハーブというのは加工植物型のドラッグの総称で、葉などの植物に麻薬成分を吹き付けてあるのがハーブだ。ハーブと言われるのは、販売名目がお香やポプリであったことから、そうなったのだろう。2006年にヨーロッパで使用されるようになった合成カンナビノイドが使用された合法ハーブは「大麻のような使い心地」という触れ込みで注目されるようになった。いまでは日本でハーブと言うと、この合成カンナビノイドを使ったハーブを指す。

お気に入りサイト
帰国子女の為のKIKOKU塾は個別指導を行っております。

This entry is filed under ハーブの歴史. You can follow any responses to this entry through RSS 2.0. Both comments and pings are currently closed.

Comments are currently closed.